アフターピルは私のお守り

アフターピルは私のお守り

アフターピルってご存知ですか?なんと、性行為後でも妊娠を防ぐことができるんです。避妊に失敗してもどうしよう!やばい!とアタフタする必要もありません。ドーンと構えていられます。当サイトではその便利なアフターピルについて詳しくご紹介いたします。

アフターピルの正しい使い方とは

アフターピルの正しい使い方としては、本来であれば、男性に避妊としてコンドームなどを使用してもらい、さらに妊娠を望まない場合には、女性もピルを使うことが、本来の使い方ですが、アフターピルの場合には、上記のような行為を行った場合でも、万が一に、避妊に失敗した時のために使う緊急用のピルであり、その名前の通り、性交渉の後に服用を行うことから、アフターピルと呼ばれています。正しい使い方としては、避妊に失敗した、と気づいた直後に、すぐに飲むことが正しい使い方であり、緊急用の避妊ピルを服用すれば、妊娠をしてしまう確率はほぼ0.5パーセントとなっています。そのため、上記のように、ほとんどの場合に妊娠をすることはありません。しかし、性交渉を行ってから、24時間を過ぎてから服用を行うと、妊娠をしてしまう確率はおよそ1.8パーセントと、倍ほどの確率になってしまうため、注意が必要です。上記のようなことから、妊娠をしてしまったかも、と心配な場合には、出来るだけ早く服用を急ぎ、性交渉を行った後、72時間以内に、服用を行えば、妊娠の確率は減ります。その際には、2錠をまず服用します。そしてその服用してから12時間後に、さらに2錠を飲むことで、妊娠の確率を下げることができます。このように、アフターピルは、上記のように服用を行うことで、望まない妊娠を避けることが出来る、妊娠にいたってしまう経緯を下げることが出来ますが、ただし、服用をおこなっても、上記のように確率はかなり低いものの、0パーセントではないため、注意が必要です。ただ、上記のように、しっかりと服用を行うことで、望まない妊娠を防ぐことが出来る点が大きな利点となっています。

アフターピルは時間との勝負?

避妊をしていても失敗してしまったり、望まない性交渉で妊娠してしまう可能性がある時に飲んでおきたいのがアフターピルです。アフターピルは飲むことで体内の女性ホルモンのバランスを変動させて排卵をストップしたり、精子が子宮の中に入りにくくなるようにしたり、生理を起こすことで妊娠してしまうことを防ぐ緊急用の避妊薬です。しかし、その避妊効果は100%確実なものではありません。アフターピルは服用のタイミングが避妊に失敗してからの時間が短ければ短い方が避妊できる確率が上がります。これは受精卵が子宮内膜に着床したタイミングが妊娠と判断されるためです。アフターピルを飲んで体内の女性ホルモンの分泌量が変わり妊娠しにくい環境になったとしても、そのタイミングまでに受精卵が子宮内膜に着床してしまっていては飲んだ意味がありません。そのため、アフターピルの服用は避妊に失敗してから72時間以内にしなければならないのです。実際に避妊に失敗してから時間が経過するたびに妊娠する確率は上がってしまいます。避妊に失敗してから12時間以内のアフターピルの服用で0.5%、13時間から24時間以内で1.5%、25時間から36時間で1.8%、37時間から48時間で2.6%、49時間から60時間以内で3.1%、60時間から72時間以内で4.1%の人が妊娠してしまうと言われています。通常の避妊をしないで性交渉をした場合、排卵日前後ならば8~15%は妊娠すると言われていますので、早く飲めば飲むほど避妊効果が上がることがわかります。100%完璧な避妊を望むならば、日頃から低用量ピルを飲み忘れがないように使って避妊を行うようにしましょう。

アフターピルを安く買う方法とは

■アフターピルも通販での購入がお得です
ピル 通販

アフタービルは、性行為後に妊娠を望まない場合に効果がある薬で、行為後72時間以内の服用が推奨されています。それ故、コンドームを使用していて破れたりした場合でも、この薬を服用する事により、望まない妊娠のリスクを減らせるわけです。薬の効果は、服用が早いほど高く、妊娠を望んでいないカップルの場合は、常備しておくと安心です。アフターピルではない通常のピルは、性行為前の服用によって効果が得られますが、直前に飲んだのでは効果は薄いといえます。それ故、日常的に服用する事が推奨されており、服用期間や服用頻度に関しても、効果的な服用の仕方があるので注意が必要が必要です。アフターピルの入手方法は色々ありますが、入手経路によって値段が異なってきます。また、種類もいくつかあり、成分によっても値段は違ってきます。保険適用外なので、病院で処方されても、処方される場所によって値段が異なる場合があります。それ故、相場には開きがあり、3千円から1万5千円ほどになっています。産婦人科や病院以外の入手経路としては、通販があります。通常の薬局では販売されていない事が多いので、緊急時に備える意味で通販を利用するのが適切だと言えます。通販の相場としては、2千円前後となっており、購入しやすいのが特徴になっています。アフターピルには、ヤッペ法とノルレボ錠の2種類があり、前者はプラバノール錠が主成分になっています。プラバノール錠は、元は中用量ピルを転用した薬で、効果はあるものの副作用が強いのが特徴です。それ故、現在は病院でも処方されなくなっています。ヤッペ法を改良して誕生したのがノルレボ錠で、副作用は少なくなっています。通販で購入できるアフターピルは、殆どがノルレボ錠となっています。